BLOGPROGRAMMING

【2020年12月最新版】brew upgradeしたらPythonが使えなくなった時の対処法

youtube-dlのアップデート関連でごちゃごちゃターミナルを触っていたときに、「あ、brewもアップデートかけちゃおう」と思ったので brew upgrade コマンド打ったら色々更新されてなかったらしく、かなり時間がかかってupgrade完了しました。

 

しかしその後開発でPythonを使おうとしたところ、

/Users/username/.pyenv/shims/pip: line 21: /usr/local/Cellar/pyenv/1.2.20/libexec/pyenv: No such file or directory

というエラーを吐いてしまいました。

 

調べてみると、どうやらpyenvのバージョンが変わったことで、今まであった場所にファイルがいなくなったことがエラーの原因らしく、とりあえずrehashしてみることにしたら直った。

$ pyenv rehash

 

という感じでした。

簡単ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。