【ネット世代に伝えたい】先を考えて人生を歩む方法

LIFE

 

こんにちは、ハヤトです。

今回は「先を考えて人生を歩む方法」というテーマで人生観について独自の目線で解説していきます。

今SNSをやっている学生さんをはじめ、多くの方に見ていただきたい内容となりますので是非最後まで目を通していただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

先を考える、とは

 

 

よく人生では先を考えながら行動しろと言われたりしますが、具体的にはどのようなことなのでしょうか。

ここでは僕の考えとしてたくさんの人から学んだことも活かしながら少し結論を出します。

最初に言っておきたいのはこれが全てではないということです。

全てを鵜呑みにせずに最終的には自己判断でお願いします。

 

結論から言うと『否定をしてはいけない』と言うことです。

冒頭にも言ったのですが、特に学生発信者には注意していただきたいです。

 

否定しないことが先を考える事とどう関係してるの?

ここが非常に回答が難しい点なのですが、簡単に言うと将来的な可能性が縮まってしまうという理由があります。

もし学生のうちから社会を全面的に否定してしまうと自分がいざ大人になった時に否定したことが絶対にできないからです。

もしその時にはSNSから身を引いていても精神的にもできないと思います。

逆にできるのなら本当のサイコパスです。

そしてもっと危ない人の対象はこれからインフルエンサーになりたいと思っている方々です。

影響力がある程度ついてくるともちろん批判されることもあります。

そういう時に以前否定をしていたことを意見を変えて実行していたりすると自らの信憑性にも繋がります。

そうなってくると自分の未来にも影響してしまうんです。

文面だとどうしても伝えにくい内容なのですが、是非理解していただきたいです。

 

でもなぜ今僕がこう思ったのかというと自分の周りの方々のSNSのフォロワー数が増えて地位が上がっていくにつれて口調が激しくなっていくのを見ていたからです。

これは少ししょうがないのかなとは思うのですが、いくら学生だからといって社会の常識を真っ向から全否定するのはどうなのかなと僕は思ってしまいます。

大人の方なら自分の経験に基づいていれば間違いではないとは思いますが、学生はそもそもの人生経験が浅すぎます。

その浅い人生経験を倍以上生きている大人に押し付けたところで何が生まれるのかと言ってもなかなか生まれるものは少ないかと思います。

 

ここで一つ以前の僕のツイートをご覧ください。

 

このツイートを見ていただけるとわかる通り、僕はTwitterをビジネスアカウントとして運用しています。

その上で発信に信憑性を持たせるため文末を「○○だ」と言い切りの形にすることが大切だとは思っているのですが、何度も言っているように人生経験の差がどうしても生じてしまうので批判が殺到してしまうんです。

この時にされる批判は無視するとかではなく真に受けないとダメです。

子供が普通にイキるならまだ許していただけることも多いのですが、無理に押し付ける発信を続けているといつの間にか本当に自分の周りがアンチしかいなくなります。

これからインフルエンサーになりたい学生さんや発信をしていきたい方々には是非これを意識していただきたいと心から願っております。

 

ただ、この僕の記事自体もあくまで個人的な意見なので全てを自分の意見としてすり替えないでください。

最終決定はあくまで自分なので参考程度にしてください。

これからの僕の発信についても同様です。

ということで少し短めになってしまいましたがまとめに入ります。

 

まとめ

 

しつこいようですが、いくら自分の意見が正しいと思っても学生の場合はなるべく自分を正当化しすぎないことをお勧めします。

その中でもしっかりと自己を持ちスキルを高めていく、そして稼ぐ、難しい場所ではありますが一緒に頑張っていきましょう。

これからこの記事の内容も含めて誰でも質問し放題のLINEオープンチャットを作るので少々お待ちください。

普段面では答えられないような質問でも答えていこうと思います。

勧誘などは一切なしで永久的に無料で利用できるサービスなので気になる方は是非ご利用ください。

後々追加情報が発表されるのでTwitterからご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

LIFE
スポンサーリンク
hayatoblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました